声をストレートに聞くことができます

ギターやピアノでしたら、その技術は、およそ誰もが同じ手順で教わり、同じようにしてマスターしていけます。一流のミュージシャンは、個性とキャラクターの要素の強いヴォーカリストは、後輩を育成するのに必ずしも適任者とはいえないのです。声と歌の位置づけ作曲家には、だいたい歌い手出身で、ピアノが弾けて、自分のつくった歌だから歌心がわかると、三拍子演歌などの世界では、作曲家が主としてトレーナーの代わりを果たしていました。揃っている人が多かったのです。ポピュラーでは、資格というものがないので、音楽スクールなどでは音大生を雇用するケースが多かったように思います。彼らは、うまく声が出る人を教える分にはよくても、初心者に対しては、あまり適任とはいえません。ヴォイストレーニングと歌の位置づけをしっかりとつかんでいない人が多いからです。位置づけとは、声と表現との関係のことです。それをつかんだ上で、それぞれの時期における課題や克服すべき目標をきちんと捉えることです。ヴォイストレーニングとは声を学ぶことであり、それをいかに活かすかという歌とは違うのです。ヴォイストレーナーということでしたら、相当の専門の訓練と実習の経験を積んでいなければ、絶望的ともいえるのです。

声を深めるために発

  • 声が伴ってきて
  • 歌えるとプロっぽくなる
  • 声時の負担を全身で受け止めましょう


歌唱などでクールダウン


声はありません

物理学的な定義は微妙に違いますが、体感としては共鳴と共振は同じように感じますのどの下の胸上部と顔、前歯、おでこ、頭のてっぺん、後頭部、うなじ、などを手や指で触れながら歌ってみましょう。きっと響きが感じられるはずです!。歌うための呼吸法音程良く歌うためには胸の高さを安定させる声帯ワークアウト-60←4拍かけて-->ブレスマオロングプレス&トーン練習通常の呼吸では、横隔膜が下がってお腹が膨らんで、胸が持ち上がり肺が広がることで空気が入ります。吐く時は逆で胸が下がるのですが、歌の場合は胸があまり動いてしまうと発声に影響を与えるので、胸の高さを安定させて呼吸するのが良いですそうすると良い感じの腹式呼吸になり、息のコントロールもやりやすくなりますでは、ブレス練習をしてみましょう。胸とお腹に手を当てます。息を吸った時に両方とも少し前に広がります。

声は聴き手の感覚に近いように思う

吐く時は胸の位置を変えないように吐こうとすると、自然とお腹の方が引っ込んできます。最後には胸の位置も下に下ろして息を吐き切りますスピードは-60でやってみましょう。時計の針の動くスピードと同じです。デジタル時計では1秒を表す点滅で確認できます。まず息を深く吸ってから、秒針に合わせて頭の中で87数えながら、息を少しずつ吐き続けます4つ数えながら息を吸いますそしてまた87数えながら息を吐きます。


声があるそこで感情表現さえしていればよいのです

声を聴くことが重要だと思う

違和感があったら無くなるまで繰り返す。うまくできたらその部分を含むフレーズを歌ってみるそれでは、ピッチを良くするために音程練習をしてみましょう。音階の基本ドレミファソラシド”をピッチよく歌えるようにトライしてみます。ドレミファソラシドは長音階(メジャースケール)と呼ばれます音階とは音程の並び方にルールを持った音の列で、そのルールで並べればどこから始めても同じ音階(スケール)として聞こえます。ドレミファソラシド(長音階)の場合は、半音か全音どちらかの組み合わせで音が並んでいるのが分かると思います。


声を出すためには

よく見ると、ミとファ、シとドの間だけが半音で、後は全音ですね。最初の音から全音、全音、半音、全音、全音、全音、半音という順番での並べ方が、この音階のルールということです。では、もう1つ特徴があるのが分かりますか?そうです。ドレミファとソラシドはどちらも最初の音から全音、全音、半音、と同じルールで並んでいるので同じ音階なのです。このドレミファの形には、テトラコード(”4つの音を意味する)という名前が付いていますテトラコードの二段重ねが長音階ですから、ドレミファと歌ったら、その上に同じドレミファを歌うつもりでソラシドと歌うとうまく歌えます。