歌をよく聴いてください

ミニー·リパートンの「Lovin’You」という楽曲で聴かれるホイッスル·ボイスがもっとも有名でしょう。マライア·キャリー、MISIAなどの楽曲でも特徴的に使われています。それは、人の予想を遥かに超えた高さの声なので、マライアのアルバムなどはシンセサイザーでしょ?”と思ってしまうほどです。みなさんも聴いたことがあると思います。残念なホイッスル·ボイスとは!?ホイッスル·ボイスはフラジオレットとも呼ばれます。歌手やプロレベルの生徒さんが多い歌手のオーラや薫陶を受けるような精神的な接触だけでなく声の焦点を常に探し続けることが大切です
歌い続けてほしい!

声は小さくなります

このネーミングの由来は弦楽器のハーモニクス奏法(倍音奏法)から来ています。どちらもとても高く澄んだ音であるという類似性からの命名です。そのためにホイッスル·ボイスを倍音唱法”などと呼ぶ向きもあるようですが、これは発声に混乱を起こすネーミングなのでお勧めできない残念な命名だと思いま先生に「もっと、倍音で歌うのよ!!」などと指導されても理解して歌える生徒がいるとは思えません。今のところこのホイッスル·ボイスは謎の発声だとされ、一部の才能に恵まれた人達しかできないと思われています。そのために発声指導の現場ではホイッスル·ボイスの開発を先生も生徒も最初から諦めてしまっているという残念な状態が続いています。

声が出るようにすることを目的にしましょう

では実際に食べた場合にはどちらを美味しく感じると思いますか?たとえ、それが同じ冷凍食品のハンバーグだったとしても、人は盛り付けの良いものを美味しいと感じるそうです。これは、人がものを感じるときには五感同士が影響し合ってしまうという心理作用からきています。簡単に言えば、耳だけ、目だけ、鼻だけ、舌だけ、皮膚だけなどの本来は独立した感覚が、他の感覚の判断を歪めてしまう(良くも悪くも)ということです。さあ、あなたの歌をハンバーグステーキ”と考えてみましょう。お皿と盛りつけガは衣装にあたります。

歌唱すると高評価が出るようだ

つまりあなたが同じように歌っても、どんな衣装を着るのかによって、観客の印象はまったく違ったものになってしまうということなので122す。せっかく教則本やDVDを使って練習し、ヤバイくらい上手くなったのに、衣装だけの問題で「なんか、いまいちだったねぇ·」などとお客さんに思われてしまったら、残念すぎますよ!残念なラ残念なステージ衣装ブでは、残念に思ってしまうステージ衣装とはどういったものでしょうか。残念なステージ衣装○そもそも何も考えていないヴォーカリストが何も考えていないだけでなく、バンドのメンバーがいた場合も、みんな普段,飾らない日常を表現するカレッジ·バンド系のようなジャンルならいいですが……ハナがなくて残念です。@音楽ジャンルと合っていないヒップポップなのに、長髪でブラック·スリムジーンズ。へビメタなのに、スーツにネクタイ。
声を響かせて

声の焦点を探すと良いです

という発声練習をしている人がいます。その声は、歌に聞こえなくてはいけないのです。少なくとも、ヴォーカリストであれば、「ラー」と発した瞬間、そこに何かが生じなくてはいけないのです。ばに表情をつけていくトレーニングを中心にしたほうがよいと思います。相手の心に届く表現、パワーが、その声に、内在していることです。

声をつなげるときは脱力させない方が良いと思う

そうでないのなら、こと0パワーで聞かしつける歌を聴き惚れさせる段階の前に、聴かせる、あるいは聴かしつける段階というのがあると思っています。少々オーバーに言うと、声で振り向かせ、自分の歌を有無を言わさず聴かしつける.周りにいる人の耳を引っ張ってでも、パワーで歌を押し入れるのです。乱暴なようですが、相手を退屈させてはいけません。その最もストレートな手段はパワーなのです。表現することも感動させることも、突き詰めていけば、一人の人間の出力するパワーです。