声のトレーニングということでは

声を出すために大きく口を開けると響きが拡散し
声の焦点を硬口蓋に設定し、声を硬口蓋に押し付ける、あるいは硬口蓋を声で持ち上げるようにイ口腔は全体的にやや圧縮し、口腔の前側に狭さを感じると良いです。この狭さが広がってしまうと息が太くなってしまい、声の焦点がぼやけてしまいます。声の焦点を意識するタイミングを逃すと飛ばない声になります。ちょうど良い·瞬と,点を探す必要があります。ラジオのチューナーを微調節するようなイメージで声の焦点を探すと良いです。

声になりたいなどと考えているかもしれません歌ということにな魅力を感じる
(ポイント)1腹部の横と背中側を適度に張り詰めるようにして息を吸う2腹部の横と背中側の張りを維持する3張りを維持しながら上前歯の付け根に当てるようにして声を出す(硬口蓋前方か硬口蓋の中心が良い)4声を出している間も腹部の横と背中側はしぼませないく声を小さく圧縮させて大きい声を出す練習をする》良い声で歌うときは、声を咽頭上部で圧縮している感覚があると良いです。炸裂させるように鳴り響く非常に強い声を、咽頭部で最も小さい形に圧縮させる必要があります。声は小さく圧縮するほど、大きくよく通る声になります。圧縮する力が弱いと声が広範囲に散らばってしまい、よく通る声に必要な鋭さがなくなります。また、この炸裂と圧縮は高い声を出すときにも必要です。

 

声言語でも感情を表現したら

上のドまで黒鍵も入れて十二音できたら、一番メリハリをつけて大きく言えるところを覚えておき、音上のキーのところを繰り返し練習してください。女性はラからラの一オクターブでよいでしょう。と、半音ずつ動かそのキーとその半声が届くだけでパワーのダウンしてしまったキーより高いところの練習は、必要はありません。すると、発声の基本は、ここにあるとを知ってください。その声域でどの声ができているのかをしっかりと見分け、できていると思うところを確実にできるようにしていくのです。

声に限定するのは望ましいこととはいえません
とその半音上の音もできてきます。しぜんとできるのを待つということが、ヴォイストレーニングにはとても大切なのです。しぜん完成度を高める声が出てきて声がひびいてくるのがよいのです。ですから、ことばでは、声をつくるとか声をひびかすとかよく言いますが、本来は、声をつくったりひびかせたりするのはよくないのです。ポイントを絞った練習を繰り返して、一つひとつの完成度を高めていくのです。

 

声がよく出ているとき

逆向きの力が合わさったとき、それらのカは無くなるわけではありません。お互いのカで支えちれたときに楽に感じても,力を抜いているわけではありません。それらの逆向きの力を閉じ込めつつ声を出すことが支えでは重要です。(ポイント)よく通る声で歌うときは支えが必要になる。腹部の横側や背中側に内側から外側に向けて圧力を加えて、声を作り出すための呼吸を維持することが大切。

歌に生かすために必要です
歌うときの支えは、全身の力と力による支え合い。支え合いの中で、どちらかの力が弱まると、「力み声」や「揺れ声」などの偏りになる。歌うときは、息を吸ったときの腹部と背中の状態を維持しながら声を出すと良い。吸気筋と呼気筋の支え合いが大切。ブレスをするときも吸気筋と呼気筋を支え合わせ続けると良い。

      歌ったほうが楽に決まっているからです
      声をしているはずなのに
      声は人間の発