声の後進国のようです

歌うのとは大きく違っているのです体や呼吸を鍛えながらも、少しでも早くそのコツをつかみましょう。体や呼吸を鍛えることは、確実にその人の潜在的な力、つまり楽器としての器を大きくしていきます。その上で、それと並行させながら、基本型を何度も繰り返すことでコツを習得し、より早くその大きな力と力の働く力点のようなものを覚えるのです。実践であるステージも、どのような状況になるかはわかりません。そこで主体的に自分をその状況に合わせ変化できる力と、その状況を最大限に生かせる力が必要となってきます。

歌手オーディション会場で未来のスターになろう。

ステㄒㄧジに置かれたお人形さんでは困るのです。○独自のフォームフォームができていたら、飛び跳ねても寝転んでも歌えます。基本的なフォームの上にその人独自のフォームが感じられたら、こわいものなしでしょう。そこをつかんでいくのです。大リーグの強打者のフォームというのは、決して教科書通りではありません。日本の王、張本、落合選手などの流の選手もそうだったでしょう。

  • 声を出す時は
  • 声を出すと良いです
  • 歌の練習ではユーモアさと真面目さが大切です

 

 

声が出るということは

日本人というのは、歌うときに声も·緒につくる努力をしている、大きく出そうとしたり、高いところに届かせたり響かせたり、裏声にしたり、技術を使ったりしている、それに多くの人がいつも本番で声がきちんと出るかを心配しています。あたかもスクールの練習の延長をステージでやっているのです。0%に声があるそこで感情表現さえしていればよいのです。それに対して外国人というのは、ストレートに歌になるのです。声があり余るほど体から出ていますから、つまり、何を表現しようと、声が先にあり、自由についてくるから、筆にほとんどつけずに描こうとしている。

声と息を保持することができる声を止めるやり方で鍛えておくと良い

何とか紙に墨がつつまり、外国人は、筆にたっぷりと墨をつけているから、自由に思う存分線が描ける。それに対し、日本人は墨をすりながら、くのが精杯で、字としてはなんとか体裁を保っても、とても表現、つまり作品にまでならないといえばよいのでしょうか。※声を中心にみているので、声で働きかけてくる表現、作品を考えてください。0声の呪縛から逃れる外国人のヴォーカリストの単純明快な声、ことば、歌に比べて、なんと日本人の歌のまわりくどいことでしょう。これでは声に呪われた民族としか言いようがありません。

 

声になるので適度な加減が必要になります

声量に自信がないのかたゆまぬ成長のためにも、10のチェックポイントを客観的に調べてみよう。そして思い当たる節が見つかったら、冷静に対処法を試してみること。それが、上達への何よりの早道なのだ。チェックポイント1~息が続かないロングトーンを歌うにはセルフチェック息を無駄に使わない音源はアップされています,一息を保つプレス最初の準備のブレスロングブレスの練習これは、ロングトーンができないという症状ですね。フレーズを長く続けて歌うことができない。

歌う練習は避けた方が良いもちろん、最初はだれもがこういう状態なのですが、正しいトレーニングを受けていれば、どんどん息がもつようになってくるはずです。でもいくら練習しても駄目という場合は、発声の考え方自体が間違っていることが多いようです。でもい肺活量自体に問題が無いのに息が続かない場合に考えられる多くの原因は、息を吐こうとしすぎて声の立ち上がりの時に、息の大半を失ってしまうというもの。せにフレーズの最初でお腹を動かしすぎて、肺の中の息がほとんど無くなっていませんか?そういう押し出すような発声の考え方を止めて、逆に息をできるだけ残しながら、少しずつ吐いていく方法に変えてみましょう。そうすると、声の立ち上がりで無駄に息が漏れずに、声門閉鎖も効率よく行われ、声の立ち上がりで無駄に息が失われないようになります。